PCを新調したので久々に動画作ってみた。 今までのPCでは相当解像度落とさないと録画できなかったし、それでも落ちることがあったから動画作成やる気が無かったんだよねえ。

録画もアップも1080pでできるって これはいいものだ! 
fc2blog_20170816123414f71.jpg
と、この現代で今さら何言ってんだ感は重々承知ですが。

①GeForce Experienceで録画

②HandBreakで非圧縮でエンコ 
Experience録画は可変ビットレートなのでAviutlにそのままで入力することによる音づれ防止のため

Aviutlで前後のカットだけしてグラボ出力でエンコ

④youtubeにアップしてそっちの字幕編集で字幕つけ

前もゆっくり音声やらなにやら凝ったことはしたことなかったので字幕だけだけど、youtube
字幕編集も意外と便利なのね。(再度今さら感)

プレイは格差マッチングで不利だったけど俺様の活躍で勝利した内容です。
当然その何倍もある活躍しない動画なんてあげるわけないぞ。

スポンサーサイト
Dreadnoughtでもリペ艦というかヒーラーは大事なのだけど野良マッチングではやる人がいない時が結構ある。 そういう場合自分がやる事もあるのだがTier4艦が揃い平均以上の火力を発揮できる自分がリペアにまわるとその分火力の押し&圧力が減って敵に押し切られることもある。勿論俺が使うのはTier4リペア艦だから回復量も大きいのだが押されればリペアしきれなくなり結局は負けてしまう事になる。

自分の状況で説明したが要は高階級プレイヤー(Tier4艦複数所持)がヒーラーで、低~中階級の
Tier3以下プレイヤーが火力担当という状況は絶対ではないが不利な状況になり易いということ、理想を言えば戦闘開始前の艦選択時にヒーラーが誰も居なかったらTier3のプレイヤーがヒーラーをやってくれるのが良いのだけど・・・・・・このゲーム一番の苦行帯であるTier3は皆少しでも経験値を稼ぎたいため中々ヒーラーになってくれる人は少ないのが現状である。勿論そういう時なってくれる人もいてそれはありがたいのだが・・・。

前置き長くなったけどここから本題

ヒーラーをやってくれるのは良いのだが当てにならないヒーラーもいる時があり、まあ初心者は仕方ないが階級が中ランク以上でもたまに「あれっ?」ってのがいる。ヒーラーのプレイヤースキルが難しいかといえば実はそれほど難しいわけでなく要点さえ覚えてしまえば誰でも平均以上のヒーラーにはなれるので要点について書いてみる。

1:常に周り&ミニマップを見る

・周りを見るのはヒーラーに限らないがともかくこれができなきゃ回復を必要としてる味方を見つけられないので一番重要な事であり基本的な当たり前な事。

・ミニマップを見るのは真上や真下は見えづらく、特に自艦の真下やや後方はTPSゲー特有の自艦にかぶさって味方が見えないのでそれを確認する意味でも必要である。

・周りとマップを見ることによってコルヴェットの接近を早めに察知するうえでも大事。

・自身がキルされてしまってはいけないので敵や味方との相対的な位置を把握して射線からの遮蔽、逃走するうえで必要。


2:回復の優先順位を考える

HP(体力)が低い順から優先が基本。ただHPバーは体力の割合を表してるので、DNのバー半分とスナやコルヴェットのバー半分では残り体力の数値は大きく違うので各艦の基本体力の多少は覚えておく。
当然基本体力が少なく脆い艦を優先する。

状態による優先。HPは少ないが現在オブジェクトで遮蔽されて撃たれてない艦とまだHPに余裕があっても撃たれ続けている艦ならば、撃たれている艦を優先する。

ここまではちょっと回復艦をやればすぐ覚えられるプレイヤースキルであるが、いざ100%実行できるかと言えばたまにできないときもある。でも大事な基本スキル

3:どの艦を助けるか 見捨てるか

2の優先に似ているが2があくまで回復の順番というのに対して、3は誰を回復して誰をしないかの選択となる。状況によっては回復範囲全ての味方を回復できない時があるのでチームが勝つには誰が必要かどうかのダメージコントロールが必要になってくる時があるため。要は上手い人を残すという事。

・分隊メンバーを選択
分隊を組む人が上手く高Tierの場合最優先される、VCでつながってればなおさらである。※1

・以前の対戦から上手いことが判っている人を選択。

※Tier3分隊の場合、分隊メンバー以外のTier4、高ランクの上手い人を選択するのが正しいのではあるが、心情的には
分隊メンバーを選択するのも解らないではない。

過去の判断材料が無い場合

・よりTierが高い艦を選択、当然高Tier艦の方が火力が大きいため。ただし初心者が乗ってるTier4課金艦は該当しない。

・ランクが高いプレイヤーを助ける。 高ランクプレイヤーの方が経験があるし、そもそも先述した
高Tier艦
に乗ってるため。

自分が逃げる場合
・このまま回復し続けても味方もろとも自分もキルされる状況の時は見捨てるのもダメージコントロール。
自分のデス分のポイントを献上しなくてよいし、よその場所で回復に従事できるから。
ただし4番モジュールが
Target WarpかEmergency Evac装備じゃないと逃げるのが難しい。

特殊な例 スナ合戦時
・地上マップ特に KappaBase、Red Sand で敵味方ともに高Tierスナ艦が複数いる場合、スナ艦を最優先で回復する。
スナに頭を抑えらやすいマップのため戦艦や駆逐をいくら回復しても味方スナを死なせてしまえば結局その戦艦駆逐も後でやられてしまう事が多い.。なので戦艦駆逐は見捨ててでも味方スナを生かして敵スナをキルさせれば有利になるし、キルできなくともスナ合戦に終始させれば他が敵スナに撃たれる事も少なくなる。

一応2と3で分けて記述したけど実際は刻々と変化する状況においては2と3入り混じりながらの対応がほとんどになる。2まではすぐ覚えて実行も大体できるのに対し3は慣れが必要であるが、取り敢えず1と2が八割くらいできれば平均よりやや上くらいのヒーラーには成れる、1~2も満足にできないのもいるからなあ。
自分も3の判断はまだまだ十分とは言えないときもあるけどね。
dnhimajin.png

期間中ryuguマップで戦いそのスコアの合計ポイントを競うイヴェントCeres Awakensが終了。
https://www.greybox.com/dreadnought/en/forum/topic/65614/?page=1#post-126457

俺もTier4,5の部でランクインしてたw

そもそもryuguは嫌いなマップなのでイヴェント当初からやる気無しだった。巧い下手より(巧いにこしたことないが)戦闘回数が多ければポイントは上がるので一日目一杯できる人には絶対勝てないからだ。

そんななか
Tier4,5で優勝のHex君と知り合いになった。以来分隊に招待してくれるし途中経過でも彼は一位だったので応援する意味もあって毎日一緒にプレイしてたら自分もまさかのランクインに。

彼は暇人かもしれないが、そもそもアホみたいに巧いので一回当たりのポイント数もでかいから回数も相まってダントツの一位という結果に。
俺の応援なんて必要ないのである、むしろ俺がキャリーさせてもらってただけだった
なんか微妙な心もちだが貰えるものは貰っとけですね、何が貰えるんだっけ? 

久々になんか湧いてたな
Dreadnoughtは各種モジュールとオフィサーブリーフィング(スキルみたいなもん)で艦をカスタマイズでき、それによって同じ艦でも戦い方が違ってくるのでそれらを考えるのも楽しみの一つである。とは言っても強Shipと言われる艦はある程度強アセンの型が決まっていて選択肢が少なかったりする。

DreadGame-Win64-Shipping 2017-06-06 16-36-20-454

自分の中で唯一アセンが固定の艦Tier4 Lorica
別段
強Shipと言われてはいないが

元々前記事で書いた対コルヴェット用に作ったやつで、3番モジュールStasis Pulseで足を奪い、1番Plasma Broodsideとサブ武器のRepeater Gunsで削りきるのが主な使い方になる。戦艦であるDNとしては軽量級で他にも中量級、重量級のDNがあり同じ仕様にはできるが何故Loricaかといえばその速度にある。
Stasisかけてから大ダメ与えるPlasma Broodsideは舷側の一定範囲しか射界が無い、止めた場所によってはBroodsideが撃てない時があるがLoricaなら旋回をかけて射界内に持っていくのが重、中量級より容易というのが一番の要因。

コルヴェットやVindictaがいない戦場では意味が無い仕様かといえばそうでもない。長時間ブーストをかけれるNavigation Expertを利用して突っ込み敵のリペア艦などを仕留める時も
StasisからのBroodsideは非常に有効で、Armor Ampで被ダメを85%カットすれば生存性も上がるという突撃艦みたいな事もできるのが2番目の要因。

そう 自分的には重駆逐艦のつもりで使っている。

本来重駆逐艦はBludが存在するが・・・
DreadGame-Win64-Shipping 2017-06-06 16-35-18-552 DreadGame-Win64-Shipping 2017-06-06 16-35-28-296

機動性がLoricaより低く、Loricaより主砲は長射程andファイアーパワーも上というどっちが戦艦か判らない艦だからねえ。

対コルヴェットもでき、壁役もこなせ、突撃も一応できる汎用性の高さが気に入ってる仕様だが・・・
裏を返せば
対コルヴェは別として、壁役も突撃も専門には劣る中途半端でもある。

「いいんだよ 大好きなザクだってそうだろ」
「ザクに 始まり ザクで終わる」って諺もあるしね


Dreadnoughtもチーム戦であるので常にマップや周りを見ての孤立しない立ち回り、HPやHPに含めてもよいといえるエネルギー管理など気を付けなければいけないことは多々あり、それらはどの艦でも、どのモジュール装備でも言える基本的なことである(コルヴェットなどの高速艦は孤立でもよいが)。
まあこれらは他の似たようなゲームにも言える当たり前のことであるが・・・

個人的にはさらに基本的な事としてコルヴェットへの対処をいかにするかも常に考えなくてはいけないことの一つと思っている。
修理が仕事の戦術巡洋艦(以下リペ艦)がいる戦場では敵味方が遮蔽物を挟んで対峙した時など下手に身を晒して集中砲火を浴びたり、核がダイレクトヒットしたりスナ艦に撃たれ続けるなどの事がなければそうそう撃沈されることはない。(スキルとTier差があるとその限りではないが)
しかしコルヴェが裏や側面から回り込んでリペ艦が沈められると途端に回復力が無くなったor低下した方は崩れていく。そういう膠着の状況じゃなくてもコルヴェにかき回された側が次々沈められていくなんて状況は珍しくもない。

このゲームはコルヴェットに対処できないチームが勝つことはまずない

と言っても過言ではない、以前にも書いたことあるがルウム戦役のレビル艦隊や、ガンダムseed9話 第八艦隊先遣隊のフレイ事務次官が言った
「何故あのジン一機 落とせない!」ってな状況と同じ目にあってしまうのだ。勿論どの艦にも
対処できないといけない(特にスナ艦)が、コルヴェに対処できない時ほどひどい目に合うのは実感として少ないと思う。

コルヴェット対処としては
①常に敵コルヴェの数、位置に気を配る
②コルヴェに効果のあるモジュールを装備する

この2つがあれば易々とコルヴェに暴れられる状況は減ってくる。
まだ研究が終わらない買えないで②のモジュールが無くても①を心がければ早めに”F”キーで位置を知らせれば②を装備してる誰かが対処するかもしれない、射撃をすれば少しはHPを削れるかもしれないし、当たらなくても敵コルヴェの襲撃コースを修正させることによって撃沈ができなくなるかもしれないなど多少であってもできることはあり、運任せ、味方任せのとこはあるが無いよりはマシである。

コルヴェ驚異の源泉は何と言ってもその速度である。艦の小ささ、瞬間火力の高さもあるが速度があってこそ活きるので主体はあくまで速度による機動性と被弾のしづらさにある。
なので対処するモジュールには大別すればstasis系、ビーム系、機雷になる。
一番目は速度そのものを奪い、二番目は即時着弾というビーム特性で偏差の必要ない射撃により速度の利点を打ち消し、三番目はHPの少なさを利用しての大ダメージを与えたり妨害となる。

具体的に艦とモジュールを見ていこう。コルヴェに対してはコルヴェも非常に有効だがここではコルベ以外の艦種を見ていく。艦はwikiにリンク

Recruit
なんといってもCerberus   Orcus のリペアTCがある、実質的にはTier2 Orcusが主体ではあるが。
武装のビーム自体コルヴェ焼きに良いしそれを増幅するBeam Amplifireもある。
ビームアンプの替りにビームを放つTesla Coil Podでもよい、どちらを装備するかは好みだ。

Tugarin   Furia のAC
Stasis Missiles しかないが足を止めてしまうのは非常に有効。ただし、コルヴェがAnti missile Pulsを持ってると無効にされるので過信は禁物。

Recruit帯ではこれだけで、DN,DDは直接的な対処モジュールは無い。

Veteran
艦もモジュールも増えてくる
Ceres  Aion のリペアTCは
Beam Amp、Tesla Coiはそのまま有効にかわりはなく、加えてTier4から装備できるNuclear mineはその名の通りの核機雷でコルヴェは一撃でけしとんでしまう。
さらにTier3から開発できるPalos  Harwich は攻撃TCと言われ主砲に回復力が無い分ダメージ力が上がっておりモジュールもリペアTCと同じである、しかもリペアTCと違い回復に専念して周りが見えないという事も無いためこいつが目を光らしているとコルヴェはそうそう近づけない、まさに対コルベ防御艦と言ってもよい。

VIRTUS
  NOX  VUCARI  MUROMETZ  BALLISTA  ONAGER のAC
Stasis Missilesに加え Stasis Mine、Stasis AutobeamsStasis Puls、とStasis系だけで4種類となりさらにダメージを与えるProximity MinesDamage Autobeamsがある。
ただし
Stasis AutobeamsDamage Autobeamsは自動で撃ってくれるのはいいのだが、射程が短くて自分は使ったことがないのでイマイチ判らない。ACはモジュールも充実してるが極エイムスナイパーが扱うと高速で動いていても主砲を当ててくるのでそれ自体が強力な対処でもある。

GRAVIS  LORICA  CHERNOBOG  VORONEZH  JUTLAND のDN
Recruitでは対処装備がなかったDNであるがTier3からはStasis Pulsが装備できる。遮蔽してても範囲内には有効なので他のStasis系と違い回避ができない分強力である。

VINDICTA  VIGO  BLUD  Tier4のDD
Scrambler Pulse Stasis Ammoがある。Scramblerは視界を奪うためコルヴェに限らないが非常に有効。
Stasis Ammoは主砲に特殊Stasis弾を入れて12発撃てるというものであるが、そもそもこれが高速移動してるコルヴェに確実に当てられるなら普通に主砲でも削れるわけでエイム力が求められる。
VINDICTAもモジュールによって短時間であれコルヴェに匹敵する速度が出るので
上級者が扱うとそれ自体が対コルヴェ艦にもなりうる。逆に言えば高速のVINDICTAはコルヴェットと同じようにかき回してくるので
コルヴェットと同列にVINDICTAも含めて考えてよい。

以上がコルヴェに有効なモジュールである、限られた経験値と金を使うならこれらモジュールを優先しても決して損はしない。

勿論常に気を配ろうとしてもできない時もあるし、これらモジュールを装備しても必ずうまくいくとは限らない。上級者コルヴェ乗りはそれらを見越した装備と動きをするからである、だけど彼らもいつもうまくいくとは限らないのは同じであるので優先して装備していけば引っ掻き回されることは確実に少なくなること請け合いである

プロフィール

JKアンス

Author:JKアンス
FC2ブログへようこそ!
元ハフマン島民、ガンダム 銀英伝好き 島からの撤退後TPS、FPSゲーを渡り歩いてます。
現在はHeroes & Generalsをメインで。
キャラ名:JKannsubahha

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
ブロとも一覧

鉄鬼-クラン小烏丸の野望-P.S早く前リーダー帰ってきてw
検索フォーム