Dreadnoughtでもリペ艦というかヒーラーは大事なのだけど野良マッチングではやる人がいない時が結構ある。 そういう場合自分がやる事もあるのだがTier4艦が揃い平均以上の火力を発揮できる自分がリペアにまわるとその分火力の押し&圧力が減って敵に押し切られることもある。勿論俺が使うのはTier4リペア艦だから回復量も大きいのだが押されればリペアしきれなくなり結局は負けてしまう事になる。

自分の状況で説明したが要は高階級プレイヤー(Tier4艦複数所持)がヒーラーで、低~中階級の
Tier3以下プレイヤーが火力担当という状況は絶対ではないが不利な状況になり易いということ、理想を言えば戦闘開始前の艦選択時にヒーラーが誰も居なかったらTier3のプレイヤーがヒーラーをやってくれるのが良いのだけど・・・・・・このゲーム一番の苦行帯であるTier3は皆少しでも経験値を稼ぎたいため中々ヒーラーになってくれる人は少ないのが現状である。勿論そういう時なってくれる人もいてそれはありがたいのだが・・・。

前置き長くなったけどここから本題

ヒーラーをやってくれるのは良いのだが当てにならないヒーラーもいる時があり、まあ初心者は仕方ないが階級が中ランク以上でもたまに「あれっ?」ってのがいる。ヒーラーのプレイヤースキルが難しいかといえば実はそれほど難しいわけでなく要点さえ覚えてしまえば誰でも平均以上のヒーラーにはなれるので要点について書いてみる。

1:常に周り&ミニマップを見る

・周りを見るのはヒーラーに限らないがともかくこれができなきゃ回復を必要としてる味方を見つけられないので一番重要な事であり基本的な当たり前な事。

・ミニマップを見るのは真上や真下は見えづらく、特に自艦の真下やや後方はTPSゲー特有の自艦にかぶさって味方が見えないのでそれを確認する意味でも必要である。

・周りとマップを見ることによってコルヴェットの接近を早めに察知するうえでも大事。

・自身がキルされてしまってはいけないので敵や味方との相対的な位置を把握して射線からの遮蔽、逃走するうえで必要。


2:回復の優先順位を考える

HP(体力)が低い順から優先が基本。ただHPバーは体力の割合を表してるので、DNのバー半分とスナやコルヴェットのバー半分では残り体力の数値は大きく違うので各艦の基本体力の多少は覚えておく。
当然基本体力が少なく脆い艦を優先する。

状態による優先。HPは少ないが現在オブジェクトで遮蔽されて撃たれてない艦とまだHPに余裕があっても撃たれ続けている艦ならば、撃たれている艦を優先する。

ここまではちょっと回復艦をやればすぐ覚えられるプレイヤースキルであるが、いざ100%実行できるかと言えばたまにできないときもある。でも大事な基本スキル

3:どの艦を助けるか 見捨てるか

2の優先に似ているが2があくまで回復の順番というのに対して、3は誰を回復して誰をしないかの選択となる。状況によっては回復範囲全ての味方を回復できない時があるのでチームが勝つには誰が必要かどうかのダメージコントロールが必要になってくる時があるため。要は上手い人を残すという事。

・分隊メンバーを選択
分隊を組む人が上手く高Tierの場合最優先される、VCでつながってればなおさらである。※1

・以前の対戦から上手いことが判っている人を選択。

※Tier3分隊の場合、分隊メンバー以外のTier4、高ランクの上手い人を選択するのが正しいのではあるが、心情的には
分隊メンバーを選択するのも解らないではない。

過去の判断材料が無い場合

・よりTierが高い艦を選択、当然高Tier艦の方が火力が大きいため。ただし初心者が乗ってるTier4課金艦は該当しない。

・ランクが高いプレイヤーを助ける。 高ランクプレイヤーの方が経験があるし、そもそも先述した
高Tier艦
に乗ってるため。

自分が逃げる場合
・このまま回復し続けても味方もろとも自分もキルされる状況の時は見捨てるのもダメージコントロール。
自分のデス分のポイントを献上しなくてよいし、よその場所で回復に従事できるから。
ただし4番モジュールが
Target WarpかEmergency Evac装備じゃないと逃げるのが難しい。

特殊な例 スナ合戦時
・地上マップ特に KappaBase、Red Sand で敵味方ともに高Tierスナ艦が複数いる場合、スナ艦を最優先で回復する。
スナに頭を抑えらやすいマップのため戦艦や駆逐をいくら回復しても味方スナを死なせてしまえば結局その戦艦駆逐も後でやられてしまう事が多い.。なので戦艦駆逐は見捨ててでも味方スナを生かして敵スナをキルさせれば有利になるし、キルできなくともスナ合戦に終始させれば他が敵スナに撃たれる事も少なくなる。

一応2と3で分けて記述したけど実際は刻々と変化する状況においては2と3入り混じりながらの対応がほとんどになる。2まではすぐ覚えて実行も大体できるのに対し3は慣れが必要であるが、取り敢えず1と2が八割くらいできれば平均よりやや上くらいのヒーラーには成れる、1~2も満足にできないのもいるからなあ。
自分も3の判断はまだまだ十分とは言えないときもあるけどね。
スポンサーサイト
プロフィール

JKアンス

Author:JKアンス
FC2ブログへようこそ!
元ハフマン島民、ガンダム 銀英伝好き 島からの撤退後TPS、FPSゲーを渡り歩いてます。
現在はHeroes & Generalsをメインで。
キャラ名:JKannsubahha

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
ブロとも一覧

鉄鬼-クラン小烏丸の野望-P.S早く前リーダー帰ってきてw
検索フォーム