初心者?のためのマウスボタン割り振り しばらくTOP

PCオンラインゲームはFPS、TPSがメインで、大抵これ等は武器切り替えが1~5番キーってのが多いのですが、ブログ名のとおり自分は不器用なんで、ブラインドタッチなんて無理。 
ゲームする時は可能な限りマウスボタンにキーを割り振ってます。

キー割り振りなんてみんなやってるとばかり思ってましたが、中にはあまり知らないってフレもいたりしたので、今まで得た知識(たいした内容じゃないw)を記録用もかねてアップしてみました。 ほんと知ってる人にとっては目新しい内容はないんでスルーしてください。
キー割り振りには大きく二種類の方法があります。

正式な言い方はないのですが、便宜上 デフォルト割り振り ソフトウェア割り振りに分けます。

ソフトウェアって? マウスの機能を色々なカスタマイズするためのソフトで、ドライバソフトという言い方もする。会社によって操作の仕方も様々であり、代表的なものでマイクロソフト社のIntellPoint、ロジクール社のSetPointがある。

デフォルト割り振りソフトウェアをいれてない状態orソフトウェアなんて無い状態・・・または、ソフトウェア入れていても何もいじってない状態をデフォルト(初期設定)状態と言い、この状態でキーを割り振るやり方です。

現在プレイしているゲーム鉄鬼の画面で説明してみます。

            操作デフォルト
             操作設定初期状態        写真1                  

ここから例えば ”カメラを左に移動” を左クリックしてキー選択状態にします。
            
            キー選択前
                                  写真2
ここでマウスサイドボタンの ”進む”(指先に近い方) をクリックすると

            キー選択後
                                  写真3
”mouse5”と表示が替わり、設定が変更されました。

他のキーもこのようにマウスに割り振りたい操作を選んで、割り当てたいマウスボタンを押して変更していきます。文章にすると面倒そうですが、実際やってみると簡単です^^

デフォルト割り振りはどんなマウスでもできるのが良いところですが、大体のゲームで
左右クリック、サイドボタン2つ、ホイールクリック のボタンにしか対応してません
(チルト非対応)左右クリックは使い勝手上いじれないことが多く、実質3つのボタンにしか割り当てできないので、ゲームによっては少ないと思います。


ソフトウェア割り振り

ソフトウェアで割り振りするので、写真1の操作設定をいじらなくても割り当てできます(勿論いじっても可)
ソフトによって操作がちがいますが、自分のロジクールG500マウス のソフトsetpoint5.2で説明していきます。

注)同じロジクールでも、G500、G9、G9x のマウスはメモリ搭載マウスなので、他のロジマウスとはsetpoint画面、操作等が違います。


         g500決定画像 - コピー
                      G500

左右クリックを除いて8つのボタンに割り当てができます。(ホイールクリック下のただ赤矢印が指してるボタンはホイールの動きを切り替えるもので、割り当てはできません。画像編集ミスりました) 


         u56254.png
                              setpoint画面①
割り振りしたいボタンを選びます、例として左チルトボタンを選択します。このボタンは初期状態で”左にスクロール”の機能が割り当てられてます。

         w12365.png
                              setpoint画面②
青い矢印のタブをクリックすると下に割り当てられる機能の一覧が出てきます。
(・・・沢山ありますが、自分も殆ど使ったことないものがいっぱいあります^^)

”キーストローク割り当て”をクリックすると・・・
         
         7346521.png
                              setpoint画面③ 
ボックス(赤枠で囲んだ)がでてきますので、ここに割り振りたいキーを入力します。 

         l8254_20100711180117.png
                              setpoint画面④ 
”e”を入力しました。これで”適用”をさせて設定を有効にすれば左チルトを押すと”e”が入力となります。
他のボタンも同じ方法で割り当て設定していきます。

あくまでsetpoint5.2でのやり方なので、違う会社のマウス使用の方には参考にならないかもしれませんが、
割り当てたいボタンを選ぶ→キー割り当ての機能を選ぶ→キーを入力 との基本的な流れは同じです。


ソフトウェア割り振りの天敵?
天敵というと語弊があるかもですが・・・ゲーム不正防止プログラムのことです。
効果のほどは別にしても、やはり必要なものでもあります。

しかしソフトウェア割り振りの命令が不正防止プログラムから不正プログラムと認識されると、マウスボタンを押しても反応なしとなってしまいます。これを一般的には”弾かれた”と表現することが多いですね。

setpoint画面④の eの例で例えれば、

左チルト押す→setpointがeの命令をゲームに送る→不正防止プログラムがsetpointの命令を不正と認識→弾く

という感じです。

ただ自分のようにメモリ搭載マウスはメモリの中にキーボードの信号として記憶されるので、

左チルト押す→キーボード信号としてのe命令をゲームに送る→不正防止プログラムは有効と認識→eの効果がゲームで反映

割り当ての設定はあくまでsetpointですが、ゲームに送る信号の種類?の違いが左右するようです。

でもゲームによって、弾くソフトウェア、弾かないソフトウェアも違いますし、OSによっても違います。
以前自分はXPのPCを使用していて、マイクロソフトのマウスも使っておりIntellPointで割り当て(メモリ非搭載)もしており、鉄鬼で有効でしたが、このPCが壊れたので、win7のPCを新調したら、
IntellPointでの割り当ては鉄鬼上で反応しませんでした。XPのフレは今でも鉄鬼でIntellPointの設定は有効だと言ってるので、win7用IntellPointドライバが原因かもしれません。

メモリ搭載じゃないマウスでソフトウェア割り振りをしたい方は、よく注意してください。

最後に自分の鉄鬼操作設定です
         操作設定変更後 - コピー (2)

赤枠の部分がマウスに割り振ったところです。先ほどの分類でいけば、デフォルト割り振り ソフトウェア割り振りの混合になります。
鉄鬼プレイヤーはShiftキーにブーストを割り当ててる方が多いようですが、不器用な自分はPとなっております。
Pはマウスの右クリックに割り当ててますw 先ほど右クリは使い勝手上割り当ては難しいと書きましたが、
G500はサイドボタンが3つあるので、真ん中のボタンに右クリック機能を割り当ててるので、問題なしですw
アクション的なゲームでマウスに移動に関する機能を割り当てるのは狙いがズレるからあまりやらないほうがいいのですが、瞬間的なブーストができない(小指うまく動かない)よりいいかと思いこうしてます。

皆さんも現状の自分に最上と考える設定をやってみて下さい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おひさー

さすが





マニアーーーーーーック!!

Re: おひさー

>bellさん
夜な夜な島民でやってます
プロフィール

JKアンス

Author:JKアンス
FC2ブログへようこそ!
元ハフマン島民、ガンダム 銀英伝好き 島からの撤退後TPS、FPSゲーを渡り歩いてます。
現在はHeroes & Generalsをメインで。
キャラ名:JKannsubahha

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
ブロとも一覧

鉄鬼-クラン小烏丸の野望-P.S早く前リーダー帰ってきてw
検索フォーム